紅葉を見て、冬が来た

临报融媒 2022-11-08 阅读次数: 5918

11月7日に臨沂市蘭山区太に銀杏、柿の木などの緑化苗木は太陽の光に照らされてさらに色鮮やかに見える。紅葉を見る時は来る。

中国臨沂網掲載 10月7日に、二十四節気の19番目で、冬の節気としては1番目の「立冬」を迎える。「立冬」を過ぎると、木枯らしが吹いて、自然の景色も色彩に欠けるようになる。動物は冬眠を始め、万物が静まり返っていく。物寂しく、長く感じる冬の気配が漂う頃だ。

「立冬」はこれから冬に入り、寒い日が近づいていることを意味した。市民は気温の変化に気をつけて、タイムリーに服を着て寒さを防いでください。

( 编辑: 徐珍)
相关新闻